セリエ研究会

27日の土曜日は午後よりセリエ研究会に参加してきました。
セリエとはストレス学の父 ハンス・セリエの事です。


近年職場での相談が深刻化してきています。
下記内容は一部ですが仕事や生活等、最近のニュースです。

職場でのストレスが原因でうつ病などの精神疾患になったとして、2008年度に労災認定を受けた人が269人に上ることが6月8日、厚生労働省のまとめでわかった。
過去最多を更新。
年代別で最も多いのが
30歳台ー74人・20歳台ー70人・40歳台ー69人と続き20~40歳台で全体の8割をしめています。
(2009年6月9日 読売新聞より)

上司からの嫌がらせ、「パワーハラスメント」に関する相談が、総合労働相談コーナーに相次いで寄せられている。
2008年の件数は3万2242件と前年より3970件増え、6年前の5倍。
厚生労働省では今年度から、労災認定の基準にも初めて盛り込んだ。
(2009年6月9日 読売新聞より)

警視庁は14日、昨年1年間に全国で自殺した3万2249人の年齢や動機などを公表した。
20~30歳台を中心とした「若年層」の自殺者が増加したのが特徴で、特に30歳台は1973年に統計を取り始めてから最も多い4850人だった。
動機別では「生活苦」「失業」「就職失敗」が前年より13~40%増え、秋以降の景気後退を色濃く反映する結果となった。
1998年から11年連続で3万人を超え、高止まりの状態。
年代別では、最も多い50歳台が6363人・60歳台5735人・40歳台4970人・30歳台4850人・70歳台3697人。
(2009年5月14日 読売新聞より)
[PR]

by carrier_support | 2009-06-29 02:59 | about us

住民税が来た!

退職された方の相談を受けました。

彼女は昨年退職をして、現在求職活動中。

先日役所から、ある郵便物を受けとりました。
開封してビックリ!
なんとそこには退職月にまとめて払っているはずの住民税の支払い通知が…。

どうして?? ?  ?
なんで住民税の紙が来たの


疑問は深まるばかりです。

会社勤めの間、給与から自動で引かれている住民税。
今は働いていないから、支払う必要がないと考えがちですが、実はちょっと違うのです。

毎年住民税は、前年度の収入(給与等)から計算されています。

昨年(20年)の退職時給与から支払っている住民税は、前々年度(19年)の収入(給与等)から割りだしている金額なのです。
今回、受けとった通知書は
20年度に働いて得た収入(給与等)に対してのものだったのです。

求職活動中の身にはとても辛い …… と言いながらも、彼女は住民税の通知について納得してくれた様子。

自分で納める場合は、
まとめて払う用紙と4回払いの用紙を使用することになります。
最寄りの区役所に相談する事によって、
さらに複数回に分けて払うことも出来るようです。

なかなか仕事が決まりにくい現在、仕事の相談に附随して生活の不安も膨らんできます。


時々連絡を頂いてうれしいです。
出来る限り一緒に解決に向けて、考えたり、見守りたいと思っています。
[PR]

by carrier_support | 2009-06-18 20:36 | キャリアカウンセリング

花 DOKUDAMI

よい気候になりました。
画像を初めてのせてみます。
如何でしょうか?

a0094923_12365645.jpg


花の名前を、「どくだみ」 と言います。

お店に行くと「どくだみ茶」という名前で、お茶屋さんや、スーパー・薬局等で見かけます。
母が私の子供の頃、日常的に煎じて飲ませてくれました。
庭に毎年沢山咲いていたのです。

葉っぱがハートの形をしています。
花びらが4枚(クローバーみたいな雰囲気だと思いませんか~)
この写真は大人になった「どくだみ」です。

匂いがきついので敬遠されがちですね。
でも、身体の毒素を出す働きがあると言われているのですよ。
ウーロン茶のような感覚で飲んでいました。
スッキリと軽くなったような感覚もあったかも………。
確かに飲んでいた頃は、発疹等も少なかったような気がします。

また、飲んでみようかな。
[PR]

by carrier_support | 2009-06-02 13:03 | about us

完全失業率5%

厚生労働省が29日発表の4月の有効求人倍率(季節調整値)は、3月より0.06ポイント悪化して0.46倍となり、統計を取り始めた1963年以降で最悪だった99年5月6月の水準に並んだ。
また、同日発表の総務省の労働力調査によると完全失業率(季節調整値)は5.0%で3月より0.2ポイント悪化し、2003年以来の5%台となったそうです。

景気が悪くなると、企業は固定費である人件費を見直しはじめます。
新しい求人を控えようとする姿勢が求人の激減に繋がります。

一方個人は、景気が悪いと今の仕事に満足していなくても、我慢をして転職しない、リスクをできる限り最小に押さえる事を考えます。
結果仕事に対する士気が下がっていると感じている人も多いようです。

一日のうちの殆どの時間を仕事で過ごしているわけですから、できることなら、充実した時間としたいものです。
満足していないとは、原因は仕事ですか。
それとも人間関係ですか。それとも……。

原因をきちんと把握する事はとても大切なことです。
なぜならば、原因が見極められたら、自分自身の仕事に対する意識も大きく変わってきます。
[PR]

by carrier_support | 2009-06-01 00:42 | キャリアカウンセリング