中野で岩手のお仕事探し→行ってきました。

風が気持ちの良い季節になりましたね。
まだまだ残暑厳しい気候ですけど、暑いな~と感じながらもフワリと抜けていく風の穏やかさをを感じます。
9月下半期に入りました。
震災等の影響もあり、必死で駆け抜けた夏。
見てみたら経費の使い方がいつもとは大きく変化していた…なんてことも。
目標・計画を立てていても方向が変化することはよくあることです。
変化していることに気が付けば対策を考えられます。

人や個人の生き方全体を応援しています。
前に進みたい気持ちや行動を起こそうとする時、自己の分析を行うことは効果的です。





お知らせをいたしましたが8月28日行ってきました。

中野サンプラザ8Fで開催「岩手県U・Iターンフェア」

この時間助かりますよね…休日ゆっくりと出掛けられます。
13時~16時(受付時間12時~15時30分)

会場は各部屋ごとに分れていて8F全部がフェアの為のスペースとなっていました。
最終的参加企業数 19社
参加団体(役所等)12団体

開始の挨拶があり、フェアのスタートです。

数社の方に採用についてのお話しを伺うことができました。
☆ やる気のある人
☆ 使える資格を持っている人希望
☆ 資格がなくても、経験があるなら
☆ 真面目・丁寧
☆ ちゃんと通ってくるならok 等…

企業や団体の方は、真剣に採用する強い気持ちを持ち、岩手から新幹線で中野迄(フェア会場)来ています。
前泊して挑んでいる企業や団体の方もいました。

開始の挨拶の一言「是非とも原石を見つけてほしい。」
色々な意味ととらえる事ができますが、大変な時代であっても
 ‘磨いて伸ばし輝く人材の発掘(採用)と成長する企業’ を願う言葉のように感じました。

フェアに訪れた方々はいろいろでした。
当日は暑い日ではありましたが、リクルートスーツに身を包み資料を受け取ります。

・興味のある企業等を確認し挑んでいる人。
・初めから企業を目指す人。
・資料を受け取るだけでどこに行ったらいいのか迷い気味の姿もありました。

迷っていても気持ちとその表情は真剣です。
真剣な空気の中で応援したい気持ちがあふれてきました。
つい話しかけたくなるのですが、それはこの場ではお節介。
ぐっと言葉を飲み込みながらも心は応援していました。
就活応援団の一人としては
「たとえ緊張しても自分の気持ちを載せた言葉+仕事をしたい思いをしっかりと届けて欲しい」

私は岩手で育ち自然の中で生活をしてきました。
特に自分を含め東北の人は寡黙な人が多いです。
時として美徳に映る部分もあるかもしれません。
でも、声にださないと聞こえない、わからない、気づかない事が沢山あります。

話すだけではなくて、その話が相手に正しく伝わることが大切です。

人生を大切にいきたいです。
[PR]

by carrier_support | 2011-09-10 11:54 | キャリアカウンセリング