心を元気に

台風が気になりますね~。
去年よりも残暑が厳しい9月のように感じています。
たぶん誰もが今年の夏は「何かそれぞれに頑張って」過ごしているのかも…。



キャリアカウンセリングのお仕事をさせていただきながら、みなさんのお役に立てるようにと務めています。
適職や仕事の相談だけではなく、その人の価値観や人生観迄深くかかわることもしばしばです。

私たちは誰でも生きていく過程で様々なストレスを受けています。
そして人によってストレスの内容は様々です。

・人によってはなんでもない人もいます。
・逆に強く感じてしまっている人もいます。
・ストレスにさらされているのに、気が付かない人もいます。

ストレス状態が高じていろいろな「心の病気」になってしまう場合もあります。
これをメンタル不調といいます。
人によってメンタル不調の感じ方や状態は違います。
ひどい場合には専門家に相談や受信をすることが必要になってきます。

メンタル不調にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。
心の健康を維持するように普段からの心がけが大切と言われています。

メンタルヘルスの意味を辞書で引いてみました。
医学的には「メンタル(精神)ヘルス(保険・衛星)」
「心の健康=心が病んでいないだけではなく、いきいきした状態。社会の中で適応している状態。」
う…ん難しい。

ストレスの傾向をHPや資料などで調べてみると
・職場の人間関係
・仕事の量や質の問題
・本人の問題
 等の問題がデータに多くありました。

殆どの人はストレスを感じながら、懸命に毎日を過ごしています。
ストレスは誰にでもあるものだし、目に見えないので程度も人によって違います。
意欲を引き出すストレスならばいいけれど…そうとばかりとは限らない。

キャリアカウンセラーは相談者が自分自身と向き合う時間をとても大切にしています。
皆さんの周りにキャリアカウンセラーがいたら、そしてお話をしてみたいと思ったら…
その時はどうぞ相談してみて下さい。
しっかり相談することにより気持ちが楽になったと感じる事ができるでしょう。
健康だからこそ仕事や人間関係等しっかりと見つめてほしいし、普段の生活を大切にしてほしい。

身体だけではなく健康な心の状態を、普段から意識してほしいです。

みんなが活き活きと過ごせますように。
[PR]

by carrier_support | 2011-09-20 01:43 | キャリアカウンセリング