育児休業制度等について その2

前回は 
①健康保険からの手当について、お話をさせていただきました。
いかがでしたか。

さて。
今回は2回目です。

②雇用保険からの給付
「育児休業は労働者が育児休業を取得しやすくし、
職場復帰の援助促進することを目的としています」
(雇用保険法10条 参考)

雇用保険って何?  確か、
給与明細書の中に
健康保険料・厚生年金・雇用保険料・所得税 
など毎月天引き(控除)されていたような…… 
そうそうなのです。

雇用保険料が給与から控除されている場合、
雇用保険からの育児休業給付を受けられる場合があります。

まずは、育児休業期間中に支給される
「育児休業基本給付金」

そして、育児休業期間が終了した後で支給される
「育児休業者職場復帰給付金」

「育児休業基本給付金」は
原則1歳(やむを得ない理由の場合1歳6ヶ月)未満の子を
養育するための休業を取得した場合を対象としています。

各種用件に該当すれば男性でも育児休業取得OKです。
育児休業期間中の各支給単位期間について
「育児休業基本給付金」が支給されます。

「育児休業者職場復帰給付金」は
育児休業期間が終了して6ヶ月経過した時点で支給される給付金です。

育児休業基本給付金の支給を受けた人が対象です。
引き続き6ヶ月在籍の場合に一括して支給されます。
職場復帰の援助促進を目的としていますので、
このような給付方法になっているのですね。

子育てをしながらの職場へ復帰する際、
子供を預けるとしたら…? 急に病気になったら…?
 
育児期間中の職場への不安… 心の中の様々な葛藤。
何かをあきらめるのではなく、どうやったらできるのか。
私たちは解決に向けて一緒に考えていきます

次回は③保険料免除など 
についてです
[PR]

by carrier_support | 2007-06-19 15:22 | about us