年末に思うこと

休日の今日。

年末のするべき事を、全て棚にのせた状態のまま、
くつろぎモードに入っています。

平成19年は両手でも溢れそうなほど、
いろいろな事が沢山ありました。

仕事は生活の一部です。
日常生活に欠かすことの出来ない、
生活を支える手段です。
そしてキャリアは、
私たちの生活そのものから、培われるものであると考えます。

 自分を見失いそうになりながら、必死で支え合った時。
 つぶされそうになりながら、笑って過ごした…時。
 希望を諦めたとき見えてきた新しい選択。
 過ぎてしまったおもい。
 変化しながら継続している関係。
 温かい人のつながり…等。

目を瞑らずに、ゆっくりでもいいので周りを見てみましょう。
苦しみに、比例するかのように、
温かい存在があるものだと、後で感じるはず。


一年間とても沢山の経験が出来たことを感謝しています。

ありがとうございました。
[PR]

by carrier_support | 2007-12-30 17:19