住民税が来た!

退職された方の相談を受けました。

彼女は昨年退職をして、現在求職活動中。

先日役所から、ある郵便物を受けとりました。
開封してビックリ!
なんとそこには退職月にまとめて払っているはずの住民税の支払い通知が…。

どうして?? ?  ?
なんで住民税の紙が来たの


疑問は深まるばかりです。

会社勤めの間、給与から自動で引かれている住民税。
今は働いていないから、支払う必要がないと考えがちですが、実はちょっと違うのです。

毎年住民税は、前年度の収入(給与等)から計算されています。

昨年(20年)の退職時給与から支払っている住民税は、前々年度(19年)の収入(給与等)から割りだしている金額なのです。
今回、受けとった通知書は
20年度に働いて得た収入(給与等)に対してのものだったのです。

求職活動中の身にはとても辛い …… と言いながらも、彼女は住民税の通知について納得してくれた様子。

自分で納める場合は、
まとめて払う用紙と4回払いの用紙を使用することになります。
最寄りの区役所に相談する事によって、
さらに複数回に分けて払うことも出来るようです。

なかなか仕事が決まりにくい現在、仕事の相談に附随して生活の不安も膨らんできます。


時々連絡を頂いてうれしいです。
出来る限り一緒に解決に向けて、考えたり、見守りたいと思っています。
[PR]

by carrier_support | 2009-06-18 20:36 | キャリアカウンセリング